マメ知識

投稿日:2017年9月6日 更新日:

失敗しない子供靴の選び方は?ここを押さえていれば大丈夫!

子供靴 失敗しない 選び方

子供の靴ってどんなものがいいんだろう?
大人みたいにまだうまく履き心地を伝えることができないはず。
でも親としては、子供にもストレスなく履ける靴選びをしてあげたい。
そんなあなたにピッタリな選び方をご紹介します!

 

そもそもピッタリなサイズって?

a.かかとのカーブが靴のカーブと一致しているか。
b.土踏まずが靴のアーチラインに合っているか。
c.幅が合っているか。
d.足の爪先が靴の甲部や前部にあたっていないか。
(10mm程度の余裕が必要)
e.靴のトップラインに隙間やくい込みがないか。

ムーンスター
http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/point.html

特にdが重要ですね。そして、素人でもわかりやすいですよね。子供に試し履きしてもらって、つま先をさわってみれば、なんとなく分かりそうですよね。

靴を買う、ベストな時間帯があるんです!

一般的に午後3時くらいが良いとされています。 それは、ある程度の疲労感がある方が、フィッティングの善し悪しに敏感に反応するからです。

ムーンスター
http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/point.html

試着も結構パワーを使うので、やはりお休みの日の、昼食後か、平日だと、学校帰り、保育園帰りがベストかもしれないですね。

子供が簡単に履くことができるのはどんな形?

子供靴のヒール部分に、指が1本くらい通る、ループ(輪っか)がありますよね?
そのループがついているものがオススメです。

大人は、靴ベラという便利なものがありますが、子供には使いこなすのが難しいですよね。
ヒール部分にループがあると、そこに指を通すと、自分でスッと履くことができます。カカトと靴の間に指を入れなくても良い、ということです。

生地によっては指を抜いた後、親指が痛くなることもありますよね。
それが無くなります。
ループがついていても、子供はその機能を知らないこともあります。
親がしっかり教えてあげたいですね!

左右反対に履かない方法はあるの?

時々、親切に「ひだり」「みぎ」と書いてくれていたり、左右のインソールの色が違うものもあります。
でもまず、左と右を教えることから始めるのが良さそうですね。
インソールにマジックなどで、子供の好きなマークや絵を書いてあげるのも良いかもしれないですね!

機能性で選ぼう。靴を清潔に保ちやすい靴は?

ポイントはインソール(中敷き)です!インソールが外せるか外せないか、購入時にチェックしましょう。

保育園だと素足で靴を履かせ、園庭などで遊ばせることも多いです。だから子供の靴って、すぐに臭くなりますよね。
でも靴を丸々洗うなんて、面倒くさいですよね。インソールが外すことができるものだと、インソールだけ洗えばいいんです!
しかもインソールだけなら、早く乾くので一石二鳥です。
インターネットだと「カップインソール」検索すれば良いと思います。

よく曲がる靴を選びましょう。

子供の靴は大人の靴よりも機能性を考えられたものが多いです。
ソール(靴底)がよく曲がるものを選んであげましょう。実際、足の曲がる指の付け根あたりが、曲がりやすいものがベスト。
ソールを見てみて、切れ込みが入っているかチェックしましょう。

インターネットでもソールの写真をしっかり載せていることも多いので、デザインだけではなく、そういう目線で見てみると良いでしょう。

自分で機能性を上げる方法!

まさかそんなことが…。はい、そのまさかです。
ご自宅でも靴の機能性を上げることができます。子供って、雨の日でも「いつも通りの靴を履いていきたい!」と言ったりしませんか?
親としては、できれば長靴とか履いていってほしい。でも子供はそんな親心なんて今は分かりません。

そんな時に活躍するのが、防水スプレーです。

防水スプレーを振りかけるだけで、雨をはじいてくれます!
靴の中に、水が入ってきにくくなります。お近くの靴屋さん、もしくはインターネットで簡単に購入することができます。
防水加工をしてくれる靴屋さんもあるそうですよ。自分で、防水スプレーをするのは不安だ、という方は、そういったサービスを利用なさるのもオススメです!

防水スプレーと振りかけるときのコツは?

2回くらい振りかけると安心でしょう。
ですが、振りかけすぎるとシミになってしまいます。まずは、ノズルを近づけすぎず、遠ざけ過ぎず、少しずつかけていきましょう。

1回かけて少し時間をあけて、2回目をかけましょう。
目安は、夏場→30分程度、冬場→1時間~2時間程度、乾かしてから、2回目をかけましょう。
革靴はシミになりやすいので、特に注意が必要です。

この記事の執筆者

大江 将

大江 将

既婚者。5歳と0歳の2児の父親です。 子供靴の買い物では色々と失敗しました…。人生の上でも沢山失敗してきました(笑) その経験から間違えの少ない子供靴選びをご紹介していきます! 又、靴屋と服屋を10年以上経験しましたので、コーディネートなどもどんどんご紹介していきます! いつでも気楽に覗いてください★

関連記事

これでスッキリ!子どもの足サイズの正しい測り方

子どもの足のサイズって、1年で何cm成長するか知っていますか? 足サイズは、身長や体重と同じくらい頻繁に測ったほうがいいんです!でも、子どもの靴のサイズ選びには迷いますよね。 どのくらい大きめでもいい …

台風の時は長靴でOK?NG?災害時の靴について知ろう

台風や豪雨など、異常気象が多い昨今の日本。 不安定な天候の中で登下校するお子様のことを思うと、パパ・ママとしては心配ですよね。 今回は、そういった悪天候時にどのような靴を履かせればいいのか、迷っている …

【水を使わない、小学生でもできる】スニーカーの洗い方

普段使っているとどうしても汚れてくる子どものスニーカー。「水洗いしなきゃならないんだろうけど、忙しくてなかなかできないし、めんどくさいなぁ…」と思っているあなたに、子どもでもできて、なおかつ水を使わず …

子供靴 学校 園児

安くてかわいい、保育園、学校用の子供靴は?

子供がすぐに靴を汚してくる。。。そんなことはありませんか?洗い替えが欲しいけど、そんなにお金もかけたくない。でもコスパの良いものがいいですよね。通園、通学にも最適で、プライベートにも使えるかわいくてお …

【意外と知らない】ナイキ、アディダスなど海外ブランドの子供靴で気をつけたいこと

ナイキ、アディダスなどのブランドスニーカーはお洒落でとっても素敵ですよね٩(๑´3`๑)۶ 子どもに履かせたいというパパ・ママも多いのではないでしょうか。 しかし、国産商品と海外商品の違いはちゃんと理 …