マメ知識

投稿日:2017年9月18日 更新日:

これでスッキリ!子どもの足サイズの正しい測り方

子どもの足のサイズって、1年で何cm成長するか知っていますか?
足サイズは、身長や体重と同じくらい頻繁に測ったほうがいいんです!でも、子どもの靴のサイズ選びには迷いますよね。

どのくらい大きめでもいいの?1cm以上でも大丈夫?そんな疑問にお答えします!

 

足にあった靴選びは、なぜ重要?

 

子どもの足ってすぐ大きくなりますから、大きめサイズを選びたい…とは誰もが思うことですよね。

それではまず、大きめサイズは足にどんな影響があるのか?を解説します♪

2歳の子どもの足をレントゲン写真で撮ると、骨の軟骨部分の割合が大人よりも多いようです。子どもの足が大人の足に比べて柔らかくよく曲がるのは、軟骨部分が多いからなんですね。

小学校に上がる6歳ぐらいの時期、つまり軟骨部分が徐々に骨に発達していく時期に、足に合わないシューズを履かせてしまうと、変形した軟骨のまま骨になってしまうと言われています。

 

子どもの足の成長スピードは?

子どもの身長や体重は定期的に測るけど、足サイズは…という方は多いのではないでしょうか。

子どもの足は、1歳半ごろに土踏まずが作られ、その後大人の足として完成するのは、男の子で16歳、女の子で14歳と言われています。

子ども靴の買い替えの目安は、3歳までは平均3ヶ月、その後は平均6ヶ月と言われています。

成長スピードが緩やかになる、男の子14歳、女の子12歳までの時期は、毎年1cmずつ成長していくようなので、定期的な足サイズの測定がおすすめです。

 

足型は3種類

日本人の足の形は、ギリシャ型、エジプト型、スクエア型に分かれます。

人差し指が長いギリシャ型、親指が一番長いエジプト型、親指と人差し指が同じ長さのスクエア型。
それぞれの足の形によって、合うシューズは異なってきます。

ヨーロッパで作られるシューズはギリシャ型の足にあった形が多く、
アメリカで作られるシューズはスクエア型の足にあったが多いのです。

あなたの足は何型ですか??一度自分の足を見てみましょう!

自分の足に合った靴選びを心がけましょう!

 

足サイズの測定方法

用意するものは4つだけ!

・三角定規
・メジャー
・紙2枚(両足分)
・鉛筆

⚠️測るときの注意点

まず、注意していただきたいことがあります。足のサイズは、お子様が「地面に垂直に立った状態」で測ってください。

椅子に座ったままなどで、足に体重がかかっていないと、足の大きさに0.5cm〜0.8cm程度の誤差が出てしまい、正しいサイズが測れません。

 

1.紙に垂直に十字を書きます

縦線30cm、横線15cm程度の線を、直角に交わるように引きます。

 

2.紙の上にお子さまの片足を乗せます

両足を肩幅に開き、両足に体重が均等にかかるようにして片足を紙の上に乗せます。

かかとの一番出っ張っている部分を、十字の交点に合わせ、縦線が足の中心を通るように調整します。

 

3.足長(サイズ)を測ります

三角定規を指先のもっとも出ている部分にあて、横線と平行に線を引きます。縦線と交わるところで長さを測ります。

 

4.足幅(ワイズ)を測ります

メジャーを足裏に通し、親指の付け根と、小指の付け根の一番出っ張っている部分にななめに合わせ、長さを測ります。

 

5.JIS企画の「靴のサイズ」と照らし合わせます

JISC日本興業標準調査会「靴のサイズ」
http://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISNumberNameSearchList?toGnrJISStandardDetailList

 

 

買いたい靴のワイズが合わない…!というときは

可愛いデザインの靴が見つかって、この靴を履かせたい!と思っても、幅が合わなかった…という経験はないでしょうか。

そんなときは、ワンサイズアップの靴を試してみてください。

サイズが大きくなると、若干ワイズを広げることができます。

靴は甲とかかとで履くものですので、一回り大きいサイズお試しください。

 

商品選びではここに注意!

メーカーによって、サイズの規格が異なるため、大きめに作られていたり、小さめに作られていたりします。

特に子供靴はその傾向が強いため、実店舗で試し履きをしたり、無料でサイズ交換をしてくれるお店を選ぶと安心ですね。

子どもの足は痛みに鈍感なため、窮屈だったり、逆にブカブカだったりしても本人はそれを上手く伝えられません。

履いた時に、お子さまが靴を履いた状態で ”グー・チョキ・パー” ができるか、靴がフィットしているかも、しっかり確認してあげてくださいね。

 

おすすめブランドはIFME(イフミー)

保育園や幼稚園、こども園の靴箱を見てみて下さい。結構このブランドを履いているお子さんが多いです。

どんなブランド?

「子どもの健康にくつの果たす役割」をテーマに研究を重ねて、イフミーは、1999年12月に誕生しました。
以来10年以上、そしてこれからも「子どもたちの足を健やかに育むくつ」がイフミーの変わることのないコンセプトです。

引用元:IFME
http://ifme.jp/industry/

子供の足育のために開発されたブランドですね!

ではなぜ人気なのでしょうか?

「くつ」は子どもたちの健康と成長に、とても大切な役割を受け持っています。その役割をきちんと果たす「くつ」をお届けするために、私たちは早稲田大学スポーツ科学学術院といっしょに研究開発を続けてきました。
足の動きを助ける仕組みや足の筋肉が力を発揮しやすい構造など、イフミーならではの様々な機能、設計はその成果です。
子どもたちの未来のために大切な足の発育。それをサポートする「くつづくり」のために、これからも産学協同で歩んで行きます。

引用元:IFME
http://ifme.jp/industry/

専門的知識をお持ちの方との協同開発により作られているので、安心感があるんですね。子供足のことを考えると必然的にIFMEを選んでしまうんでしょうね。インターネットでも簡単に購入できますが、色んなショップで買うことができるので、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

実際どんな機能があるのか?

機能が沢山です…IFMEブランドを挙って購入される気持ちが分かります。しかも、これが全機能ではありませんし、機能は常に進化していっています。そこがすごいですね。

▼もっと機能を見たい方はこちら
http://ifme.jp/lineup/collection_ss/

 

IFMEの良さ、靴の基礎知識をマンガ版で!

くつ、足の基礎知識をマンガでご紹介している記事がありますのでご紹介します!

マンガだと見やすいですね♪

http://ifme.jp/column/column.pdf

定番はこちら

初めて購入する方で、まずどの型を変えば良いか分からない、という方へ…
こちらが定番型でロングヒットの人気商品です!サイズ展開も0.5cm刻みなので、ピッタリフィットしたサイズ感を選ぶことができます♪

引用元:靴のニシムラ
https://item.rakuten.co.jp/auc-kutsu-nishimura/ifme305710/

IFMEを特価で!

シーズンの型落ち品でもあり、サイズに偏りもありますが、ご希望のサイズがあればすごくラッキー!こちらでは常に1980円と、特価で購入できます!売り切れが早いので、希望サイズを見つけたらすぐにGET!!

引用元:クツニシKIDS1980
https://kids1980.jp/fs/kidsshoes/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=IFME

 

この記事の執筆者

竹澤 有美

竹澤 有美

仕事と、子ども靴と、トマトに心血注いでおります。 まだまだ青いですが、真っ赤なトマトのように、熱い想いで記事を書き上げます! 仕事に勉強に抜かりなく、まずはシューフィッターの幼児子ども専門の資格を取って、子供靴について吸収した知識・お役に立つ情報を、どんどん発信していきます☆

関連記事

子ども靴の臭い・汚れ・黄ばみを落とすコツ!

子どもの靴って何であんなに汚れるし臭うんでしょう。それは基礎代謝が大人よりも高いから。 じゃあどうやって汚れや臭いを消すのが良いのでしょうか? 本当に効果がある方法を知りたい…。汚れ別に解決方法をご紹 …

【0歳から12歳前後まで】「子ども靴」をプレゼントすればママが喜ぶ理由

「子どもを持つママへのプレゼント、何がいいかな?」と悩んでいるあなたへ、おすすめしたいのはズバリ「子ども靴」です!ここではその理由と選ぶポイントをお教えします♪ 目次1 ママが追いつけないほど、子ども …

解けない靴紐!キャタピランの長さを検証してみた

ひもタイプのスニーカーを履くときにフィット感は欲しい。でもいちいち結び直すのは面倒だったり、子どもにとってはひもを結ぶのが難しそう…。そんなお悩みを、ゴム紐が解決!フィット感があるのに脱ぎ着しやすい。 …

【2歳3歳】1人で履きたい!どうサポートする?

「ひとりでできるもん!」な2・3歳は、なんでも自分で!自分で!のお年頃。 お出かけの時、履かせるのが地味に大変な子どもの靴…。子どもの履きたい!をサポート♪ママたちの秘策をご紹介。 また、足より大きい …

ネットで得する方法

通販で子供靴を買うときの注意点は?何を考えて買えばいい?

インターネット通販で失敗をした経験はないでしょうか? ”思った色と違った” ”履いてみたり着てみたらイメージと違った” ”そもそもサイズが小さく入らなくて使えない…” ”詐欺サイトにあたってしまった” …