マメ知識

投稿日:

【意外と知らない】ナイキ、アディダスなど海外ブランドの子供靴で気をつけたいこと

ナイキ、アディダスなどのブランドスニーカーはお洒落でとっても素敵ですよね٩(๑´3`๑)۶
子どもに履かせたいというパパ・ママも多いのではないでしょうか。
しかし、国産商品と海外商品の違いはちゃんと理解していますか?
今回は、海外ブランドの子供靴で気をつけたいことをお伝えします!

日本人と欧米人の足の形は違う

日本人が好んだ靴が足の甲を広くしていた!

靴を開発した欧米の履物文化に比べ、
日本では草履や下駄などの足を締め付けない履物が好まれて来ました。

この履物文化が日本人の甲高段広や偏平足を生み出す背景になったと言われています。

引用:shoes-box

日本人が西洋靴を履き始めたのは江戸時代末期から明治時代の初期の頃。
それまで日本人が履いていたのは草履や下駄などの締め付けがない履物でした。
さらに、日本人には玄関で靴を脱ぐという欧米にはない文化があります。
このように、日本人と欧米人は履物の文化が異なるため、足の形が異なるのです。
一般的に、日本人の足は欧米人に比べて土踏まずがしっかりしており、甲高と言われています。

日本人が海外ブランドの靴を履くと感じがちな違和感・その解決策

欧米人の足は一般的に日本人より薄く凹凸がないため、
日本人が国産ブランドと同じサイズの海外ブランドの靴を履くと窮屈、小さい」と感じることが多いです。
実は縦の長さはピッタリでも、横幅の長さが幅広な日本人の足に合っていないため違和感を感じる場合が多いです。
では、どうしたら良いのでしょうか?

解決策1:いつも履いている国産の靴のサイズよりワンサイズ大きめを試す

おそらくこちらが最も多くの方が試されている方法だと思います。この方法は子供靴の場合も有効です。
注意してほしいのは、子どもは経験が少ないため、自分の足に靴があっているかが
大人ほどはっきりわからなかったり、うまく伝えられない
ことが多いです。
そのため、試着する際に大人がしっかり確認してあげることが重要です。
確認方法としては、つま先部分に余裕があるかどうか指で軽く押して確かめてみる、
歩いたとき脱げないか、痛くないかを子どもに言葉で確認する、
靴の裏の滑り止めはしっかりしているかなどの安全面も目で見て確認しましょう。
「どうせすぐ成長するから大きめを買えばいいや」という考えはNGです!
子供の足は大人の足よりやわらかく変形しやすいので、
足に合わない靴を履き続けた場合、足の形が変わってしまうリスクが高いです。
そしてそれは、サイズが大きすぎても小さすぎてもどちらも起こることです。
子供の靴は大人以上にピッタリのサイズを履かせてあげることが重要と心得てください。

解決策2:どうしても違和感を感じる場合は靴のブランドを考え直す

日本人の足の形は主に3パターンに分かれます。

・親指(母趾)から人指し指(第2趾)中指(第3趾)までほぼ同じ長さの「スクエア型」(ポリネシア型)
・人指し指(第2趾)が一番長い「ギリシャ型」
・親指(母趾)が一番長い「エジプト型」

3タイプの足の形(スクエア型・エジプト型・ギリシャ型)

出典:PIXTA

足と靴と健康協議会が日本人7,000人を対象に行った調査によると、割合は10人中8人がエジプト型、ギリシャ型は右足が12.8%、左足が15.4%の結果に。

引用:feely

お伝えしておきたいのは、各メーカーの靴の形は、誰の足型にも合うようには作られていないという事実です。
例えばナイキのスニーカーは先が細く、全体的にシャープな作りになっています。
この形はギリシャ型の足向きで、他の足型の人が履くと「足の形に合っていない」と感じることがあります。
しかし筆者の足はギリシャ型ですが外反母趾気味で横幅が広いため、ナイキの靴はきつくて履けません。
ですので、ナイキより横幅が広いアディダスの靴を選びます。
このように、ひとりひとりの足には個性があるので一概には言えません。メーカーの特徴に足がフィットするかどうか吟味する必要があります。
特に子供靴の場合、子供の足型と履かせたい靴の型が合わない場合は、別のブランドの靴を検討したほうが良いということです。
親子といえども、足の形が親と同じタイプとは限らないため、パパ・ママは愛用しているブランドでも、子供の足には合わない可能性は十分あります。
「子供とおそろいのスニーカーが履きたい」「子供におしゃれをさせたい」
という気持ちもわかりますが、
どうか子供の足の健康を最優先にして靴を選んであげてください。

 

じっくり試着することがもっとも重要

まだ子供が小さい場合、店舗で靴を何足も試着させていると、
退屈して不機嫌になってしまい、「もう帰りたい」とダダをこね始めることもありますよね。
子供の為を思って時間をかけて試着させているパパ・ママからすると、仕方ないこととはいえ苦しいものです。
しかし、ネットショッピングなら自宅でじっくり試し履きができます。
さらに靴のニシムラなら交換時の送料が無料のため、サイズが合わない場合も安心ですよ。

靴のニシムラではナイキ、アディダスなどの子供靴を多数取り揃えています。

ナイキ キッズの商品を見る

ナイキ ベビーの商品を見る

アディダス キッズ・ベビーの商品を見る

ニューバランス キッズの商品を見る

ニューバランス ベビーの商品を見る

じっくり試着して、お子様にピッタリの一足を見つけるため、是非活用してみてくださいね(●^o^●)

この記事の執筆者

上田 依里

上田 依里

読者の方に「こんな情報がほしかった!」と思っていただける、かゆいところに手が届く記事を書くのが目標です。 靴屋で働く経験の中で得た知識も書いていけたら良いなと思います。 お客様のニーズを探るため、まずはたくさんの記事(1日1記事!)を書くことから頑張ります♪

関連記事

【今すぐやめて!】子供靴をダメにしてしまう5つの習慣

せっかく新しく購入した子ども靴、できるだけ長い期間履きたいですよね。 でも…実は、普段なにげなく行っている靴の履き方や収納方法が、 靴の寿命を短くしてしまっているかもしれないんです(。>﹏&lt …

子どもが自分で靴を履くようになる裏技

【子育てに悩むママ必見!】子どもが自分で靴を履くようになる裏技!!

1歳を過ぎ、やっとこ歩き出すようになった赤ちゃん。 そして2歳を過ぎたころから、自分で靴を履きたがるようになりますね♪ でも、自分で靴を履きたいけれど、うまく履けずに泣き出してしまうお子様も少なくあり …

思い出のファーストシューズ

【こんなの素敵!】思い出のファーストシューズのお洒落な保管方法♪

皆さまは、お子さまが履かれたファーストシューズを、その後、どうされていますか? ファーストシューズは、お子さまが初めて履いた靴ですよね。 ぼろぼろになったものでも、たくさんの思い出がつまっていることだ …

【水を使わない、小学生でもできる】スニーカーの洗い方

普段使っているとどうしても汚れてくる子どものスニーカー。「水洗いしなきゃならないんだろうけど、忙しくてなかなかできないし、めんどくさいなぁ…」と思っているあなたに、子どもでもできて、なおかつ水を使わず …

【断捨離が苦手な人必見】子供靴を上手に捨てるコツ、教えます。

何かと増えていく子どもの靴。気がつけば、玄関が靴だらけに…(´⌒`。) 「なんとかしたい…でも、モノを捨てることが苦手…」 「いつか履くかもと考えると捨てられない…」 「そもそも靴を捨てるためのまとま …