マメ知識

投稿日:

【新米ママ】ファーストシューズのいろは

まずファーズトシューズってなに?赤ちゃんが初めて履く靴のことと思っていませんか?健やかに成長してほしい!良いファーストシューズの見極め方。サイズはぴったり?それともちょっと大きめでもいいの?ベストな大きさは「0.5cmのゆとり」なんです。

ファーストシューズってなに?

多くの方が、「赤ちゃんが生まれて初めて履く靴」のことと思いがちです。

間違えやすいですが、ファーストシューズの本来の意味は、「正しい位置で屈曲できるように設計された幼児用の靴」です。

正しい位置とは、丁度このラインのあたり。

 

ファーストシューズは、生まれて初めて履く靴として重要な1足目と考える方が多く、お孫さんへプレゼントとして贈ったり、少しでも足の成長にいいものをと、赤ちゃんの足のことが考え抜かれた靴を選ばれる方が多いようです。

おおよその履き始めの時期は1歳半ごろ。
10歩ほど自分で歩けるようになった頃です。

また、歩きはじめた記念として大切に取っておく方もいらっしゃるようです。

初めての靴ってそんなに重要なの?

赤ちゃんは、かかとの構造が未熟なまま生まれてくると言われています。

未熟な足を守るため、赤ちゃんの足はあんなにプニプニと柔らかいんですね。

構造が完成するのは16〜18歳ごろで、歩き始めた1歳半ごろはまだまだ形成段階のようです。
その時期の靴をしっかり選んであげることは、将来、変形などからの子どもの足を守り、健やかな成長に大きく関わってきます。

赤ちゃんの足にいいファーストシューズは?

赤ちゃんの足指をじっと見ていると、くにくにとよく動いているのが分かりますよね。

ファーストシューズは、未熟なかかとを守りつつ、その足指の動きを邪魔しないものがオススメです。
では、良いファーストシューズと、どこで判断すれば良いのでしょうか。

見極めるポイントは4つです。

1.縫い目が少ない

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚に比べてデリケートです。縫い目が多い靴だと、そこに足が当たって靴擦れを起こしたり、肌を傷つけやすくなってしまいます。肌触りがよく、靴の内側を確認して、縫い目がより少ないものを選びましょう。

2.つま先にそりがある

歩き始める1歳半ごろは、足全体を持ち上げるようにして歩きます。つま先から着地するように歩く子が多いため、つまずいてしまわないように、つま先の足裏がそり上がっているものが良いでしょう。

3.滑り止めがある

赤ちゃんは踏ん張る力がまだ弱く、転んでしまったり、こてんと座ってしまうことが多いですよね。靴底が平面のものよりも、凹凸がある靴底の方が滑りにくく、転んで怪我してしまった!という事態を少しでも減らせるかもしれません。

4.マジックテープタイプ・紐タイプ

ファーストシューズには、足の甲とかかとがしっかり固定できる、マジックテープタイプもしくは紐タイプのものがオススメです。

靴を履くとき、つま先でトントンっとしていませんか?
日本では、昔からの下駄の習慣の影響もあり、靴をつま先で履く方が多いのですが本来は甲とかかとに合わせて履くものなんです。

よく道端に子どもの靴が片方落ちていることがありますが、甲とかかとでしっかり固定できていれば、せっかく買った靴がいつの間にか無い…なんてことも防げます。

また、マジックテープタイプでも紐タイプでも固定はしっかりできますが、お出かけの時にさっと履かせやすいのは断然マジックテープタイプですので、靴がガバッと開けやすい、こちらのタイプの方がオススメです。

 

サイズはどのくらいがいいの?

 

ファーストシューズのサイズ選びに悩まれるママは多いです。
ぴったりを選ぶべきなのか、それともすぐに大きくなることを考慮して少し大きめでもいいのか…。

ベストなサイズ選びは、「0.5cmのゆとり」があるということがポイントです。

実際に、靴の中敷を取り出して測ってみましょう。
取り出した中敷に赤ちゃんを立たせ、かかとをぴったり合わせます。つま先に0.5cmのゆとりがあるかを確かめます。

この、0.5cmのゆとりは、よく動く赤ちゃんの足指の動きを邪魔しません。
ですので、ちょうどいいサイズは、「0.5cmのゆとり」と覚えてくださいね♪

また、子どもの足サイズの計測スパンは、「3歳までは3ヶ月ごと、それ以降は6ヶ月ごと」が目安です。
1cmごとではなく、0.5cm刻みで変えてあげることをオススメします。

子どもが最近、抱っこしてと言うようになったら靴のサイズが合わないのかな?と一度、中敷を外して見てみてあげてくださいね。

 

最後に

ファーストシューズを初めて履いた時の反応は、赤ちゃんによって個性があります。
普段となんら変わらず歩く子、すぐ脱ぎたがる子、違和感に泣き出して歩かなくなってしまう子など様々です。

気をつけてあげたいのは、ファーストシューズを履くと、子供は今まで感じていた歩く感覚と全く違うと言うこと。

自分の片足を踏んだまま、気づかずに転んでしまうことだってあります。
ママの想いがたくさん詰まったファーストシューズと、応援する気持ちで子どもの成長を見守ってあげましょうね。

 

この記事の執筆者

竹澤 有美

竹澤 有美

仕事と、子ども靴と、トマトに心血注いでおります。 まだまだ青いですが、真っ赤なトマトのように、熱い想いで記事を書き上げます! 仕事に勉強に抜かりなく、まずはシューフィッターの幼児子ども専門の資格を取って、子供靴について吸収した知識・お役に立つ情報を、どんどん発信していきます☆

関連記事

【水を使わない、小学生でもできる】スニーカーの洗い方

普段使っているとどうしても汚れてくる子どものスニーカー。「水洗いしなきゃならないんだろうけど、忙しくてなかなかできないし、めんどくさいなぁ…」と思っているあなたに、子どもでもできて、なおかつ水を使わず …

【意外と知らない】ナイキ、アディダスなど海外ブランドの子供靴で気をつけたいこと

ナイキ、アディダスなどのブランドスニーカーはお洒落でとっても素敵ですよね٩(๑´3`๑)۶ 子どもに履かせたいというパパ・ママも多いのではないでしょうか。 しかし、国産商品と海外商品の違いはちゃんと理 …

どうにか直したい!靴のかかと踏み

【どうにかしたい!】言っても直らない、靴のかかと踏み!

玄関で脱がれた子供の靴を見て、「どうして靴のかかとを踏むのだろう(´・ω・`)??」。 どうにか直したいと思って、何度注意してもなかなか直らない…ってことありませんか? 靴の劣化が早くなったり、見た目 …

子供靴 長靴 レイン シンプル オソロ 実用性

子供用のレインブーツ(長靴)はどういうものを選べばいい?

梅雨の季節、冬のシーズン、意外と1年で使う頻度が多いレインブーツ。 いざ買おうとするとどういうものが良いのか分からないですよね? 用途に合わせ、シーン別でご紹介していきます♪ 目次1 名前が書けるスペ …

年齢で異なる!子ども用靴下の選び方とは?

靴や靴下を推奨しないこども園もあるけど、靴下を履く理由って?汗っかきな子どもだからこそ履いた方がいい!足臭・靴臭の対策にも。 子どもの、「自分でやりたい!」に応える靴下。脱いでも恥ずかしくない!子ども …